妻に内緒でお金を受け取って北新地でおいしいお酒を飲みました

■小遣いの足しにしようと過払い請求を画策

過払いが振り込まれたその週末は、北新地でおいしいお酒を飲んで豪遊しましたよ!

小遣い制のサラリーマンはつらいですよね。

月に40万円稼ごうが、50万円稼ごうが、夫の毎月の小遣いは一定です。

教育費だ、冠婚葬祭費だと出費が多いから小遣いは値上げできないと言うんですよ。

だから、キャッシングを良く利用していたから過払いがあるかもしれないと気が付いた時、これは絶対に家族にばれないように受け取りたいと思いました。

過払いが全部自分の小遣いになれば、少しは人並みに遊べるじゃないですか。

 

■過払い請求は妻にばれないことが大前提だった

ただし、気がかりなことが一つだけありました。

この請求は裁判になることもあるという話です。

ということは、裁判所から書類が届いたり、被告側の消費者金融から電話があるかもしれないということです。

そんなことになったら、家庭内は上へ下への大騒ぎになることが目に見えています。

だから、まず私は家族にばれずに請求をしてくれる弁護士を選ぶことから始めました。

 

これが、意外となかなか少ないんですよ。

家族に隠しごとをしない方がいいとか、できるだけのことはしますが・・などと、どうも歯切れが悪い口調の法律事務所が多くて・・

だから、家族にばれずに過払い請求をする方法を集めたサイトを見つけた時は、これで自分の過払いを受け取れる!と確信しました。

 

■弁護士と念入りに打ち合わせをしたおかげで妻に内緒で過払いを受け取れた

入念な打ち合わせをしてから手続きを開始したので、妻は私が過払い請求をしていることにとうとう最後まで気が付きませんでしたよ!

家にいる時は弁護士から電話がかかってこないし、連絡を取るためのメールは、新しくアドレスを取得して妻が見れないようにしたので安心して弁護士とメールのやり取りができました。

もちろん、家族にばれずにバッチリ過払いを受け取れました!

 

小遣いに余裕があると、アフターファイブが楽しみですね。

同僚と誘われも気軽に飲みに行けるし、昼間は仕事にモリモリ打ちこんで、充実した毎日を過ごしています。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

ばれたくない事を弁護士に言い忘れる

弁護士事務所に入ってばれる

contact_banner

ページの先頭へ