初期費用をかけず、家族にばれないように過払いを取り戻し、全額小遣いに

■妻にばれないように過払いの請求をしたいが先立つものがない

私がクレジットカードでキャッシングをしていたのは、妻も良く知っています。

ボーナスがカットされた時、ボーナス払いを利用していたマンションのローンが払えなくて真っ青になった時、クレジットカードのキャッシングのことを思い出して利用したのが始まりです。

消費者金融のローンカードを作るのには抵抗がありましたが、クレジットカードでお金を引き出すことには、そんなに抵抗がありませんでした。

それに、ゴールドカードをATMに入れて札束が出てくるところを見ていると、僕に信用があるから、50万円もキャッシングできるんだ、と、なんだか逆に胸を張りたい気分になったものです。

キャッシングは麻薬のようなものですね。

一度利用すると、返済した後も、じきにまた利用したくなってしまうんです。

やがて、僕は恒常的にクレジットカードのキャッシングを利用して、毎月返済に追われるようになりました。

だから、長い年月をかけてリボ払いでようやくキャッシングを返済した時は、心底ほっとしたものです。

これだけ苦労して返済したキャッシングですから、もし過払いが発生していたら全額自分のものにしたいと思ってもバチは当たらないでしょう?

でも、過払いの請求をしたくても、我が家の家計は妻が握っているので、弁護士費用をどうやって工面するかが問題でした。

 

■着手金無料の弁護士を見つけたが秘密厳守かどうかが心配

やがて、着手金無料で過払いの請求をしている法律事務所を何か所か見つけました。

過払いが戻ってきた後で報酬を払うシステムなら、弁護士費用をあらかじめ調達する必要がないので、すぐ手続きを始められます。

でも、いくら着手金無料の弁護士を見つけたが秘密厳守かどうかが心配です。

僕は、過払いのお金を自分への褒美として全額ポケットに入れたかったのです。

僕は、じっくり法律事務所同士を比較して、その中で家族にばれないように手続きをしてくれる気配りを感じた弁護士を選ぶことにしました。

過払い請求に関して相当の実績があるようなので、その点も安心できました。

 

■クレジットカードのキャッシングに思いもよらぬ高額な過払いが発生していた

クレジットカードのキャッシングでも結構高い利息を知らずに払っていたのですね。

僕の場合、過払いが70万円も発生していました。

弁護士報酬を払った残りは、もちろん、全額僕の小遣いです。

マイホームを手放さないために、キャッシングしながら頑張って住宅ローンを払い続けたのですから、このくらいの褒美はもらってもいいでしょう?

ひさびさに六本木に繰り出して、過払い請求に成功したことに祝杯を挙げましたよ!

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

家にいる時に携帯にかかってくる

留守電を聞かれる

contact_banner

ページの先頭へ