(3)何に使おう?妻に内緒の110万円(過払いが振り込まれた)

(これまでの経緯) 妻にばれないように過払いの請求をするやり方を弁護士から説明を受けて納得したので、とうとう請求手続きを開始しました。

 

■弁護士とのやり取りは基本メールで

僕が過払いの請求をお願いした弁護士の先生は、とても几帳面な人で、手続きに進展があるたびにきちんと連絡をくれました。

連絡は、メールがほとんどで、僕も携帯電話に連絡があるより気が楽なので、助かりました。

良く、過払いのお悩み相談などで、法律事務所にその返還請求を頼んで着手金も払ったのに、半年経っても連絡一つよこさないなどといった苦情を見かけます。

僕としては信じられないような状況ですが、法律事務所によってそれほどまで対応が異なるということでしょうね。

 

そういえば、僕が依頼した弁護士は着手金を取らなかったので、初期費用がゼロだったのはうれしかったです。

過払いを受け取る前にお金が出て行くのは痛いですから。

 

■裁判所の郵便物も受け取らずに済んだ!

僕が一番心配だったのが、郵便物の受け取りです。

特に、裁判になった場合は、裁判所から郵便が届くでしょう?

でも、この問題も、弁護士を雇ったことでクリアできました。

すべての郵便物は、自宅を送られないように手配してもらえたのです。

僕は、もし家族にばれる恐れがあるなら裁判をしないで示談で済ませても良いと考えていたのですが、弁護士が「示談交渉では減額すると言ってゆずらないので裁判にした方が良い条件で過払いを受け取れます」というので、提訴することに合意したというわけです。

 

その結果、140万円の過払いに加えて過払い利息の支払いも認められ、合計155万円を消費者金融が僕に支払うことで和解しました。

 

■何に使おう?100万円以上の僕だけのボーナス

過払いの手続きを開始してから6カ月後に、消費者金融からそのお金の入金がありました。

いったん法律事務所の口座に振り込まれ、そこから弁護士報酬を引いた金額110万円が僕の指定口座に送金されました。

何に使ってもいい自分だけのお金を手に入れる、これは結婚して家庭を持った男性だったら、誰もが憧れることでしょう。

趣味のフィギュアを買ってもいいし、バイクのパーツも買いたいし・・

今や、僕は過払いを使って好きなものを手に入れることができるのです。

もし、誰にも知られずに過払いを受け取りたいと思っている人がいたら、心配ないよ、必ずできる、と声をかけてあげたいです。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

自宅に郵便物が届く

家にいる時に携帯にかかってくる

contact_banner

 

ページの先頭へ