信用情報の悪化から・・・

信用情報が悪化してしまうと、様々な避けられない不都合が出てきます。

クレジットカードが使えない、新しいローンが組めなくなる、など日常生活に影響をおよぼし、家族にばれてしまうという事態が起こります。

しかし、過払い請求をしたすべての人の信用情報が悪化するわけではありません。

 

一言でいえば、信用情報とは事故情報を記録するところです。

取引中に契約内容とは異なった手続きが行われた場合に、その事実が記録されてしまいます。

 

信用情報が悪化する可能性のある人は、過払い請求をする時点でまだ借金が残っている人だけです。

残債務がある方は、過払い請求後にも借金が残ってしまう可能性があり、残ってしまった場合は事故情報として記録されてしまいます。

 

手元に余裕がある方やもうすぐ完済できる方は、今現在の残高を全て完済してから過払い請求を行った方が良いです。

完済後は念のために消費者金融との貸金契約を解約し、契約書を返却してもらった方がよいでしょう。

契約を終わらせると消費者金融とは関係は一切なくなるので、信用情報は絶対に安全です。

 

家族にばれる可能性を出来る限り潰したい方は、借金を完済してから過払い請求を行ってください。

 

 

 

合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

ばれたくない事を弁護士に言い忘れる

弁護士事務所に入ってばれる

 

contact_banner

ページの先頭へ