妻に口座を見られる

一般的な会社では、給料の振込などでは銀行が指定されていることが殆どです。

過払い金も給料と同じくお金を受け取ることになるので、指定された銀行でなければ受け取ることが出来ないように思われがちです。

 

もし指定された口座でしか受け取ることが出来ない場合、その口座が妻に使われていたらばれることは必至です。

また、指定された銀行の口座を持っていない場合は、急に新しい口座を作らなくてはならず家族に怪しまれ、ばれてしまいます。

 

しかし吉田泰郎法律事務所では、そのような心配は全く必要ありません。

 

過払い金の受け渡しは、お好きな口座を選ぶことが出来ます。

唯一の条件は名義がご本人様である事だけです。

その条件を満たしてさえいれば、どこの銀行でも過払い金を受け取ることが出来ます。

 

また、振込自体にもばれる可能性があるので避けたいところです。

振込の場合は、弁護士事務所から大金が振り込まれたことがしっかりと記録されるので、通帳を見られたとたんに家族に怪しまれてしまいます。

その場では気づかなくても、後になって通帳を見返した際にばれてしまう可能性もあります。

 

このリスクは、振込ではなく現金を手渡しで受け取ることで解決します。

当事務所で現金として受け取ることが出来るのです。

完全に証拠を残さずに受け取ることが出来るので、一切の証拠を残さず、家族にばれたくない方は現金で過払い金を受け取っています。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

家にいる時に携帯にかかってくる

留守電を聞かれる

 

contact_banner

ページの先頭へ