普段と違う行動をする

普段と異なる行動は家族に怪しまれ、ばれてしまう原因になります。

万一、不審に思った家族に問い詰められると白状せざるをえません。

 

過払い請求をすると普段とは違う行動をする必要があると思われがちですが、しっかりとした弁護士事務所に依頼をすれば、普段とほとんど変わりない生活を送りながら過払い請求を行うことが出来ます。

 

弁護士事務所に依頼をすると長時間の面談を何度も行う必要があるのでは無いかという先入観があるかもしれませんが、吉田泰郎法律事務所の場合はほとんど手間がかかりません。

私達の場合ですと面談は平均で約30分です。

とても短いので、家族にばれない様に普段の生活の中に面談を紛れさせることが出来ます。

 

30分の面談の中では現在の借金の状況をお聞きします。

取引件数やその会社名、取引き開始時期などをお聞きします。

過払い請求ができると判断できましたら、信用情報のチェックなどをして契約まで行います。

 

契約の際は秘密で行うかを必ずお聞きしているので、言い忘れなどの心配もありません。

契約の際に、万が一印鑑を忘れた場合でも、再度事務所まで来ていただく必要はありません。

家で印鑑を押して、専用の封筒を使って郵送することも出来るのです。

 

自分で行う場合は、最低でも3~4回は裁判所に行く必要があります。

しかし、当弁護士事務所にご依頼頂きますと、裁判所に行く必要も全くありません。

契約の際に書く委任状のおかげで、過払い請求の全ての手続きを弁護士に任せられるようになるからです。

 

ここで注意しなければならないのは、140万円を超える過払いがある場合、司法書士には頼まないと言うことです。

司法書士は140万以下の過払い金しか扱うことが出来ません。

140万円を超えた場合は自分で裁判所に行く必要があるのです。

 

依頼する弁護士事務所をしっかりと選べば、普段と同じ生活をしながら家族にばれないように過払い請求を行うことは十分に可能です。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

予想外の事で動揺してしまう

信用情報の悪化から・・・

 

contact_banner

ページの先頭へ