一切、郵送物を送らないので、家族にばれずに過払い請求できる

一般的な用件で依頼された場合は、弁護士事務所から様々な郵便物が届きます。

見積書や確認書類、報告書などどれも必要な書類ばかりです。

しかし、秘密裏に行うとしたら郵便物は御法度です。

弁護士事務所の名前が書いてある封筒を家族に見られるわけにはいきません。

 

そこで吉田法律事務所では、家族に秘密にしたい方へは郵便物を一切発送しないことにしています。

 

過払い請求にも受け取っていただく書類は複数あります。

金融業者への請求書や引き直し計算書などの準備書類、返ってきた過払い金や弁護士費用などをまとめた結果報告書などです。

郵送せずにこれらの書類をどのようにお渡しするのかというと、手渡しです。

 

秘密裏に行う方は弁護士事務所にお越しいただいて、直接手渡しで受け取ることが出来るようにしているので、全ての書類を家族に見られずに受け取ることが出来ます。

受け取りの際の時間はほとんどかかりません。

事前に大まかなお日にちを指定して頂くと事務方に用意させておきますので、お越しになられた際はすぐに受け取ることが出来ます。

 

また、依頼が終わった後も郵便物が届くという心配もありません。

通常のお客さまにはDMや年賀状などの様々なお手紙を時折お送りしているのですが、秘密にされている方には大変な迷惑です。

ですから、このようなお手紙も一切お送りしていません。

名簿も完全に分けているので、間違って送られることもありません。

 

吉田法律事務所は事務書類やDMなどのあらゆる郵便物をお送りすることは絶対にないので、郵便物に関する不安をお持ちになる必要はありません。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

ばれたくない事を弁護士に言い忘れる

弁護士事務所に入ってばれる

contact_banner

ページの先頭へ