妻にばれずに過払いを受け取って、家族でハワイ旅行に行ってきました

■会社が業績不振で激減した収入を穴埋めするために消費者金融でキャッシング

会社が業績不振で残業禁止、給与2割カット、賞与なしなどの方針を打ち出したので、収入が激減してしまいました。

そんなことになるとは思ってなかったので、子供は私立の小学校に通っています。

このままでは授業料すら払えなくなる。かといって、家計が苦しいから転校させるなんてかわいそうだと、私は消費者金融でキャッシングしたお金を足して妻に渡していました。

もともと、給与の振込口座は私が管理していて生活費を引き出して必要な分だけ妻に渡していたので、妻は私の給料が激減したことはなんとか知られずに済みました。

妻に心配をかけたくないから、消費者金融でお金を借りていることはずっと秘密のままでした。

 

それから5年、会社勤めをしながら転職活動をした結果、採用が決まり年収で200万円ほど収入がアップして、ようやく借金生活と別れを告げることができました。

ただし、私の消費者金融とのお付き合いはそこで終わったわけではありません。

それから5年間、月々の小遣いの中から消費者金融に返済を続けた結果、ようやくすべての借金を返し終えたのです。

 

■妻にばれずに過払いを受け取ってハワイ旅行をプレゼントしたら大喜び

過払いがあるかもしれないと気付いた時は、何が何でも取り戻そうと固く決心しました。

ただし、妻にはばれないようにするのが条件です。

幸い、家族にばれないように過払い請求をするのに慣れている弁護士を見つけることができたので、その先生にお願いしました。

過払いは全部で170万円もありました。

高額なプレゼントを妻に贈るとかえって怪しまれると思い、会社から臨時賞与が出たのでと説明して、ハワイのコンドミニアムを借りて夏休みに家族旅行をしてきました。

妻と子供が大喜びする姿を見て、これまで10年近くも妻にばれないように消費者金融から借りたお金を返し続けた苦労が報われました。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

普段と違う行動をする

家の電話にかかってくる

contact_banner

ページの先頭へ