家族に秘密にしているか必ず確認するので、ばれずに過払い請求できる

吉田法律事務に依頼された場合、家族に秘密にしていることを言い忘れることは絶対にありえません。

それは、契約を結ぶ際に「家族に秘密にしていますか」と必ず聞くからです。

 

一般の弁護士事務所に依頼した場合は、言いそびれてしまうことは十分にあり得ます。

ご依頼者様が感じる「恥ずかしい」「後ろめたい」「緊張した」という様な感情は、伝えることを忘れさせてしまいます。

後になって後悔してしも意味がありません。

 

私たちは、このような失敗が無い様に、絶対にこちらから訊くようにしています。

ですから、ご相談者様が言いそびれることはあっても、私たちが聞き忘れることはありません。

 

「そうは言っても人間だから忘れることがあるんじゃないの」

と思われた方もご安心ください。

 

吉田法律事務所では、確実にご相談者様に尋ねるために作られた特別な契約書を使っています。

 

その契約書には

「☑家族に秘密にしているか」

という質問欄が設けられています。

 

契約するには必ず聞かなければならないシステムになっているので、伝え忘れは起こりえませんし、口頭で答えることが気恥ずかしくとも、紙にチェックをすることは可能であると思います。

 

契約時に家族に秘密にしているとお伝え頂くと、その後の対応は全て秘密裏に行うように配慮いたします。

その後の話は全て「家族にばれない事」を前提に話を進めて行きます。

 

 


【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

予想外の事で動揺してしまう

信用情報の悪化から・・・

contact_banner

ページの先頭へ