家族にばれずにする為には、弁護士の方に何を確認すればよい?

家族にばれないで過払いの請求をしたいので弁護士に依頼しようと考えている場合、どのような弁護士を選ぶべきか、注意点をまとめます。

 

弁護士が、家族に過払い請求がばれないように、きめ細やかな配慮をしていなければ安心はできません。

以下のような点に注意すれば、家族に過払いをしているということがばれる心配は限りなくゼロに近づくでしょう。

 

■自宅への電話には絶対にかけないよう伝えます。

■携帯電話に電話する時は、非通知でかけてくれば電話番号の履歴を家族に見られる心配がありません。

■留守番電話にメッセージを残す場合は個人名を使い、弁護士事務所の名前は録音に残さないようにすればより安全です。

■留守電を残したくない場合は、電話に出られなかった時はかけ直してほしいと伝えておきましょう。

 

郵便は、弁護士事務所の名称が入っていない封筒を使い、個人名で郵送してもらいます。

どうしても郵便物を自宅に送付してもらいたくない場合は、郵便局留めにすることを検討しても良いでしょう。

弁護士が郵便物に「郵便局留置」と表示して送れば、自宅には配達されず、郵便局に留め置かれます。

郵便は、窓口で、本人確認できる書類を提示して受け取ります。

 

家族にばれずに過払いの手続きを進めたいことを弁護士にはっきり伝え、入念に打ち合わせしてから過払いの返還請求手続きを依頼してください。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

弁護士事務所に入ってばれる

妻に口座を見られる

 

contact_banner

ページの先頭へ