受け取る時に、家族にばれないように何に注意すればよいですか?

過払いの返還請求を家族にばれないように進めることができても、受け取る方法に気を配らなければ、貸金業者からお金を受け取ったことが家族に知られてしまう可能性があります。

せっかく十全の注意をして手続きを進めたのに、最後になって家族にばれてしまっては意味がありません。

ですので、お金を受け取る方法にも気を配ることを忘れないでください。

 

本人が過払いの請求手続きを行った場合、過払いのお金は本人の口座に振り込まれます。

通帳に振込先の名前が記載されるので、家族が通帳を見たら、まとまったお金が入金されたことがわかってしまいます。

 

もし口座番号を貸金業者に教えずにいた場合は、業者によっては現金書留でお金が送ってくることがあります。

家族が現金書留を受け取れば、過払いの手続きを知られてしまうだけでなく、先に家族がお金を受け取って家族間のトラブルに発展する恐れもあります。

 

弁護士に過払いの請求手続きを依頼した場合、貸金業者はいったん弁護士が指定する口座に過払いを振り込みます。

その後、弁護士が依頼人の指定の口座にお金を振り込むので、貸金業者からの送金が口座履歴に残る心配がありません。

また、当法律事務所では、直接手渡しで過払い金をお渡しする事も出来ます。

こうすることで、ご家族にばれない様に工夫をしております。

 

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

予想外の事で動揺してしまう

家の電話にかかってくる

 

contact_banner

ページの先頭へ